福祉とはなにかを考える

バナー

福祉とはなにかを考える

現在、高齢化社会になりつつあります。

医療が充実していき、病気で亡くなるかたが減り、結果として長生きができるようになりました。技術の進歩はスゴいです。

それにともない福祉の充実も必要となりました。

高齢になれば、老人ホームに入ったり、デイサービスを利用したりします。そんなときに、少しでもよいサービスを受けたい人や安く済ませたい人、色々な人がいます。

福祉のなかでも、今、老人ホームが人気です。

何かあれば、すぐに常駐しているホームヘルパーが来てくれたり、体調が悪ければ、簡単な対処や契約している病院に連れていってくれる所もあります。
にもないにこしたことはあありませんが、自分が高齢になると思うように動けなくやるのでこういったサービスは必ず、必要です。

こういった対応があれば、何かあっても安心できるので、ご利用者様にとってはなくてはならないです。
こういった施設には、ちゃんとした資格を持った従業員がいますので利用する側はとても安心できます。
また、こういった施設には飽きさせないために、散歩したり、足湯が楽しめる施設やお遊戯をしたりします。

こういったのには、頭を使うことにより、ボケ防止になりますし、足湯等は血行がよくなるので、体のことを考えると嬉しいサービスです。こういったサービスも福祉にはとても大切なことです。

老後をいかに楽しく過ごしていただくか。
福祉とは、利用する側のことを考えてあげる気持ちから生まれた言葉のような気がします。

https://www.pref.kumamoto.jp/soshiki/36/
http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a13400/yuuryou/yuryouichiran.html
http://www.fukunavi.or.jp/fukunavi/











Copyright (C) 2014 福祉とはなにかを考える All Rights Reserved.